名声度を上げて大きな依頼を受けよう!「AIDMAの法則」 ワクワク経営コラム【第16回】

皆さま、こんにちは!
スノウコンサルティングの古屋早雪です。

昨日のコラムで取り上げた、クエストやミッションの話ですが、冒険をしていると旅先で様々な依頼を受けることがあります。
しかしながら、大きな依頼はどんな冒険者パーティーでも受けることができるわけではないことが多いです。
このパーティーなら信頼できる、やってくれそうだというパーティーにしか依頼されない話というのもあります。
ゲームでは、名声度や冒険者ランクなどと言って、この値が一定以上あることがクエストやミッションの発生条件になっているものですね。
まずは簡単な依頼を成功させて、この名声度を上げていくと難易度の高いクエストを受けることができるようになります。

ワクワク経営を継続していく上で、利益を上げるためには売上を上げなければいけません。
売上を上げるためには、お客様にお店に来てもらったり、商品を買ってもらったり、依頼を受けたりする必要があります。
そのためには、お客様に自社のことを知ってもらわないといけないですよね。
このときに使える考え方として、AIDMA(アイドマ)の法則というものがあります。
最初にお客様の注意を引き(Attention)、次に興味を持ってもらい(Interest)、欲しいと思ってもらい(Desire)、覚えてもらって(Memory)、行動(購買)してもらう(Action)というプロセスのことです。
最近では、この進化系のAISASやAISCEASといったものもありますが、まずはこのAIDMAが基本形であり、すべてに共通するのは最初のAとIです。
つまり、お客様の注意を引きつけて、興味を持ってもらわなければ始まらないということですね。
そして、お客様はあなたのお店や商品の情報に繰り返し触れることによって記憶に定着し、購入や依頼に至るということになります。
まさに、少しずつ名声度を上げて、大きなクエストを受けるというプロセスと同じですよね!

まずは名声度を積み上げて、大きな依頼を獲得しましょう♪

0

名声度を上げて大きな依頼を受けよう!「AIDMAの法則」 ワクワク経営コラム【第16回】 への1件のコメント

  1. ピンバック : どうやってお客様にワクワクを届けるか?「マーケティング」 ワクワク経営コラム【第39回】 | スノウコンサルティング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)