目的地に「どうやって行くか」を考えよう! ワクワク経営コラム【第3回】

皆さま、こんにちは!
スノウコンサルティングの古屋早雪です。

昨日は事業計画をつくるメリットについてお伝えし、その中で事業計画、すなわち冒険マップを作ることはワクワクを高めることに直結するという話をしました。
では、実現したい夢がイメージできていれば、目的地さえ決めればよいのでしょうか?
もちろん、「こんなことがしたい!」「これを実現したい!」というのを明確にするのは大事ですし、目的地を決めなければ進む方向も定まりません。
しかし、目的地が分かっていても、そこに「どうやって行くか」が分からなければ、どっちに進めばいいのかわかりません。
目的地を決めたら、次は「どのような道順で行くか?」を考えましょう。
もし何も考えずに目的地を目指しては、途中に大きな谷があって進めなかったり、落とし穴に落ちて大きな痛手を負ってしまうかもしれません。
大きな夢を描くことは重要なのですが、それだけではなく「どうしたらできるか」も合わせて考えておくことが同じくらい重要です!
とはいえ、もちろん行ってみなければ分からないことも沢山ありますので、最初から完璧な冒険マップはできません。
まずは、町で得られる情報から、できる限りの情報を集め、どんな道具を持って、どんな装備で、どんな道順で行けばいいかをある程度想定して決めておくことです。
実際に行ってみて、当初書いたマップと違っていたら書き換えればいいのです。

しかしながら、できるだけ詳細なマップを書いておくことはワクワク経営にとっても意味があります。
どんどん危険な場所でも行ってみて調べてみよう!という人ならいいのですが、「本当にできるかな?」「行っても大丈夫かな?」という人にとっては、ある程度具体的なマップを作ることで安心感が生まれるとともに、旅立ちへのワクワク感が高まり、第一歩を踏み出しやすくなります。

町での情報の集め方や冒険に必要な基礎知識などは、冒険の館「スノウコンサルティング」で取り揃えておりますので、是非お立ち寄りください♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)